c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

目次(タイトルをクリックすると該当箇所にジャンプします)

エクオール検査を受けようと思ったきっかけ

実は私、豆腐マイスターなる民間資格を持っております。

といっても、講習を規定の回数受講して、その後、誰でも受かる簡単な試験に合格すれば取得できる資格なのですが(^^;)

その講座の中でエクオールという成分のことはすでに学んでいたのですが、ここ最近、テレビや雑誌などでかなりエクオールについて取り上げられるようになりました。

もうすっかり有名になったエクオール。いまさら言うまでもありませんが、大豆イソフラボン(ダイゼイン)を摂取すると腸内で産生される、別名スーパーイソフラボンと呼ばれる物質です。

大豆イソフラボンの女性ホルモン様作用の恩恵を最大限に受けるには、腸内で大豆イソフラボンをエクオールに変化させる必要がありますが、そのエクオールの産生能力がない人は日本人の2人に一人。

ということは、女性ホルモンの補助的な効果を期待するなら、自分がエクオールを作れる力があるのかどうかを知るのが大切です。

もし腸内でエクオールを作れないなら、サプリなどでエクオールを直接摂るしかないからです。

豆腐マイスター資格所有者として、ここはひとつチェックしてみよう!ということで、エクオール検査キット「ソイチェック」を体験してみました。

ちなみに、検査キットの通常価格は4140円ですが、豆腐マイスターの講座受講者は、ちょっとだけ検査キットが安く買えます(200円引き)。

もちろん、豆腐マイスター講座を受けてなくても、検査キットは普通にAmazonで売っていますので、誰でも入手できます。

いざ、検査実施!

検査キットの内容はこのようになっています。

soycheck01

  • 尿検査用の紙コップ
  • 郵送用の容器
  • 問診票

新幹線の飲料水コーナーにあるような薄っすい紙コップと、お弁当についてる醤油入れみたいな、尿を入れる容器。。思っていたよりショボイ簡素な感じです。

問診票には、検査結果を返信してもらう住所氏名と、自分の普段の食生活などを記入します。

あとはこれを、朝イチの尿を取るためトイレに置いて(トイレに置いておかないと朝忘れちゃうのでw)、準備完了です。

前日の食事は、ある程度大豆製品を意識して摂るほうがいいようです。

私は、大好きなマーボ豆腐を食べました(一人で一丁分)(*´ω`*)

 

そして翌日の朝、一番最初の尿を紙コップで採取し、それを醤油入れプラスチック容器に入れてしっかり蓋をし、添付されている封筒に入れて普通にポストに投函すればOKです。

プラスチック容器は、くれぐれも蓋にゆるみがないようしっかり閉めましょう。
万が一郵送途中で漏れたりしたら大惨事ですw

検査結果が届く

検査結果は思ったより早く、だいたい1週間で届きました。

そして私の結果はこちら↓

soycheck02

やったー!( ;∀;)

作れていました♪
5段階中4なので、まあまあのレベルです。

返信物の中には、検査結果の他にパンフレットなども同封されていました。

soycheck03

パンフレットには、エクオールの知識や検査結果についてのQ&Aなどが書かれています。

ざっくり言うと、エクオールを作れる体のためには腸内環境が大切で、エクオール産生菌を持っている人は、普段から大豆製品をよく食べる人が多いそうです。

そもそも私は豆腐が大好きで、イソフラボンがどうのという以前からよく食べていたので(豆腐マイスターの資格を取ろうと思うくらいなので)、その食生活も良い影響を及ぼしているのかもしれません。

 

今回の検査を受けたことで、自分の食生活を改めて見直す良いきっかけとなりました。

今後、本格的にやってくると思われる更年期症状を少しでも過ごしやすくするために、これからも定期的に大豆製品を摂っていきたいと思っています。