健康・生活

命の母で更年期障害が改善!でも気になる副作用は?

40代も半ばをすぎ、とうとう私にも更年期症状がでてきました。
ショックですが、女性ならだれでも通る道。仕方ないのです。

でもまだ症状も軽いため、ドラッグストアでお手軽に試せる「命の母」を試してみました。そしたら更年期症状が著しく改善したんです!

でも医薬品である以上、副作用も気になるところ。

今回は、命の母をのんで私の更年期症状が改善した件と、命の母の副作用についてご紹介します。

 

命の母を飲み始めたきっかけは更年期障害っぽい症状でした

kounenki_woman

その兆しを感じたのは44歳の冬のことでした。(まだ一年しか経ってない)

 

健康管理のために測った血圧が、なぜかいつもより高い。

 

これまではだいたい最高血圧が100前後で、110を超えたことはなかった私が、124をマークしたのが始まりでした。

124は平均的に見るとまあ正常値なんですが、今までの測定値からするとかなり高い数値なので相当びっくりしました。

 

そのあたりを境に、ゆるっとした不調が出始めたんです。

 

その不調というのは、

  • 時々感じる動悸
  • フワフワした感じのめまい(倒れるほどではないが、立っているのがちょいとしんどい)

という感じのものです。

 

最初のうちは心臓や脳に異常があるのではないかと思い、循環器内科や脳神経外科を受診したものの、これといった異常が見つからず。

 

そんなある日、自分のメアドに更年期障害向けのサプリメントのDMが送られてきました。

 

それに書かれていた更年期障害の症状がとても今の自分に当てはまり、

 

「あ、私もとうとう更年期障害が始まったのかもしれない・・・」

 

と思ったわけです。。

 

だとすると、最近なぜか血圧が上がったことも説明がつきます。

とうとう来たか、更年期。。OMG( ;∀;)

 

更年期障害の対策を考えた結果、命の母を選択

 

とりあえず、何とか対策を始めなければと思い、ひたすらググりました。

 

そこで浮上した、なんか良さそうなサプリメントが

  • イソフラボン
  • エクオール
  • 命の母A

でした。

 

イソフラボンは今どきみんな知ってるサプリだけど、最近の研究では摂りすぎもよくないような話を聞くし、エクオールは最近出てきたばかりのサプリなので、まだ手を出しにくい。

 

ということで、ひとまずは薬局で手軽に購入できる、「命の母A」を試してみることにしました。

 

更年期症状が改善!すごいよ命の母A!

 

善は急げということで、すぐに近くのドラッグストアで、命の母Aを購入。

 

IMG_6056

 

とりあえず420錠入を購入しました。

 

1回4錠を1日3回だから、約一か月ちょい分入って2,600円!安っっ

 

私は153センチ・42キロのチビ(子供サイズ)なので、少な目の2錠から始めました。

 

そして飲み始めて2日目。なんと・・・!

 

これまでずっとあった目まいが、すっかりなくなったじゃありませんか!!!

動悸も気にならなくなったし!

 

ビックリした!!!いやマジで!!!

 

昔からある薬って、ずっと飲み続けられているのにはちゃんと確かな効き目という理由があるのね。

命の母A、すごいっす!

 

命の母Aが効果あったということはやはり、私の諸症状は更年期障害だったのね。

それはそれである意味ガックリ。。

 

まあそれはさておき、自己暗示的な効果もあるのかもしれないけど、私には効果てきめんでした。

 

命の母の副作用は?

 

私の更年期症状改善にとっても効果のあった、命の母A。

でも医薬品である以上、副作用があることも忘れてはいけないのも事実。

 

命の母Aにはどんな副作用があるのか、調べてみました。

 

まず、授乳中の人は飲めません。

母乳の出に関わるので、これは当然ですよね。

 

また、小林製薬さんによると、服用にあたり注意が必要な人として以下をあげています。

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(5)胃腸が弱く下痢しやすい人

出典:小林製薬WEBサイト

 

また、命の母の服用で、以下のような副作用の可能性があります。

関係部位症状
皮ふ発疹・発赤、かゆみ
消化器胃部不快感、食欲不振、吐き気・嘔吐、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

上記以外にも、服用により、生理が予定より早く来たり、経血量がやや多くなったりすることがあるようです。

 

命の母を飲み続けても大丈夫?乳がんなどのリスクは?

 

命の母は、少なからずホルモンバランスに影響を与えるお薬です。

そのため、長く飲み続けても大丈夫なのか、また乳がんのリスクが高くなるのかが少し気になります。

こちらも小林製薬さんのWEBサイトで回答されていました。

Q.長く使用し続けてもよいですか?(長期連用)

A.効果を感じていらっしゃるようでしたら続けて飲んでいただけますが、体調の良いときに一旦お休みされるなどして、健康管理の一つとしてご活用いただくことをおすすめします。
また、1~2ヶ月程度服用しても症状が良くならない場合は服用を中止して、医師又は薬剤師に相談してください。

Q.ホルモン剤と同じ働きをするのですか?(ホルモン剤は入っていますか?)

A.命の母Aにホルモン剤は入っていません。また、ホルモン剤の代わりになるお薬でもありません。命の母Aは、和漢生薬とビタミンの複合薬です。
血行を促し体を温めることなどで、ホルモンバランスの乱れから起こる身体の不調を改善します。

出典:小林製薬WEBサイト

 

要するに、

  • 長く飲み続けること → NGではないけど推奨はしていない
  • 乳がんなど女性のがんへの影響 → ホルモン剤は入っていないので、直接影響はない

ということになるでしょうね。

 

命の母Aは更年期に効果がありますが、お薬なので副作用があるのは当然。

そこをしっかり踏まえたうえで、正しく上手に付き合っていきたいです。