パーツケア

まつげパーマは自分でやれば1回64円!セルフまつパーのススメ

先日、フローフシを使って「まつ育」に成功した記事を書きました。

[blogcard url=”https://beautiful.red/matsuiku/”]

だって、↓こんなに伸びて濃くなったんですよ!成功っていってもいいですよね(*´ω`*)

matsuge

それからも、せっせとまつ育に励んでいるわけですが、せっかくなら、まつ毛を痛めるビューラーからも解放されたい。

だったらまつげパーマをすればいいじゃない!

しかも自分でやれば安上り!!

というわけで今回は、伸びたまつげをさらに美しくすべく、自分でまつげパーマ、いわゆるセルフまつパーをするやり方をご紹介します。

自分でやっても簡単に上手くいきますよ!

セルフまつげパーマについて

自分でまつげパーマをするのに必要な準備と、実際におこなう手順についてまとめます。

費用

セルフまつげパーマに必要な道具の購入費用は、

まつげパーマ液&粘着ロット32本セット¥850 + 送料¥164 = 合計¥1,014

そしてロットが32本なので16回分(失敗しなければw)ということになり、1回分あたりで計算すると

¥1,014 ÷ 16 = ¥63.375

1回あたり、約64円です!! まじか!( ゚Д゚)

まつげパーマのサロンを経営していらっしゃる方には申し訳ないけど、人件費を考えてもいままで相当ぼったくられてたんだなと思っちゃう金額ですね。。

用意するもの

セルフまつげパーマセットの内容はこんな感じです。

DSC00374
  • パーマ液(1液・2液)
  • まつげパーマの手順説明書
  • ロット32本

詳細な説明書がついているので、初めてでも大丈夫です。

セットの内容以外に、綿棒を数本とコットンを用意します。

ロットは粘着タイプなので、そのままでもまつげがくっつきますが、すごくハリのあるまつ毛の人は、つけまつげ用のグルーも併用して接着するのがおすすめです。

まつげパーマの手順

 

matsu1

↑まつ毛パーマ前です・・・目のアップこえ~・・ヒィ~|д゚)

ガッツリ下向いて生えてます!

1.ロットを装着

matsu2

粘着ロットを手で少し曲げて、まぶたのカーブに合わせてから、まつ毛のぎりぎり上の部分に貼り付けます。

そして、指でまつ毛をロットに貼り付けます。

1度くっつくとはがれにくいので、ていねいに。

2.パーマ液を塗布

matsu3

綿棒を使って、1液を塗布。

5分放置してから、綿棒かコットンなどで1液をふき取ります。

その後2液を塗布し、さらに5分放置。

3.パーマ液を洗い流す

放置時間終了後、残ったパーマ液を綿棒かコットンでざっくりふき取ってから、お湯(できれば人肌程度のぬるま湯)で洗い流します。

やさしく撫でるように洗えば外れるので、絶対に無理にはがさないように気を付けましょう。

4.完成~!

matsu4

いえ~ぃ!上手くできました!(^O^)/

 

まとめ

今回は自分でまつげパーマをするやり方をご紹介しました。

サロンだと安くても3000円以上はかかるまつげパーマですが、自分でやれば1回あたり64円と激安ですんじゃう!!

しかも予約しなくても思い立ったときにすぐにできて、手順もかなり簡単です。

マスカラが普通に塗れる人なら絶対できますよ!www

オススメのクリーム状のパーマ液を使えば、目にしみたりすることもありません。

美容代を節約したくて人には、かなりおススメです!

セルフまつパー、ぜひ試してみてくださいね(^^)