先日、ウンログという会社の「痩せ菌チェック」という、腸内フローラを調べる検査を申し込みました。

その時の記事はこちら

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_s腸内フローラ解析で痩せ菌をチェックしてみるよ!
腸内フローラ(腸内細菌叢)。 腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)のようであるということで名づけられた言葉です...

 

そしてとうとう、この痩せ菌チェックでわかる、現在の私の腸内フローラが判明したのでアップします!!(*‘ω‘ *)

 

腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」について

私が今回受けたのは、ウンログ株式会社さんが運営するサイト、その名も「ウンログ」が提供するサービスで、

腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」

という検査です。

 

痩せ菌チェック
https://unlog.me/microbiome

 

痩せ菌チェックのサイトから申し込みをすると、このような検査キットが送られてきます。

 

unlog01

 

検査キットに入っている検便容器を使用して自分の便を採取し、ウンログさんに送付。

すると後日、メールで検査結果通知が届きます。

そこに書かれている自分専用ページURLにアクセスすると、レポート結果をWEB上で確認できる、という流れです。

 

この検査では、いわゆる善玉菌と悪玉菌だけでなく、自分の腸内にいる全ての菌、まさに腸内フローラがわかります。

 

腸内フローラ解析結果。果して痩せ菌はいるのか・・・?

ウンログさんのサイトにログインし、私の腸内フローラ解析結果を確認します。

レポートの項目は、

  1. バランス
  2. 多様性
  3. 太りやすさ
  4. バランス調整菌
  5. バランスかく乱菌

この5項目です。

結果はどうかな~。どきどきどき・・・。。

 

バランス

まずは腸内フローラのバランスを見てみます。ポチっとな。

unlog02

 

あ・・・れ・・・?

偏差値・・低っっ。。。

不調の域で、平均よりかなり低いです。

これはかないショック。。。

 

バランス調整菌というのはいうのは一般的にいう善玉菌、バランスかく乱菌というのは悪玉菌。

能力未知菌というのは、現状の腸内フローラ研究ではその働きが解明されていない腸内細菌です。

つまり、善玉菌か悪玉菌かわからない菌。

バランス調整菌は20~30%が日本人の平均だそうなので、私の6%は低すぎますね。しくしく。。

多様性

次に腸内フローラの多様性をチェック。

unlog03

普通。・・・よりもちょっと悪いほう(;’∀’)

多様性というのは要するに、いろいろな種類の腸内細菌がいるかどうかということです。

腸内細菌の多様性が腸粘膜のバリア機能を高め、免疫力を向上させるそう。

太りやすさ

続いて、太りやすさをチェック。

unlog04

やや肥満型よりの、標準型・・・。

いちおう標準圏内だけど、肥満寄りというのがショック。

ファーミキューテス門というのは肥満型、バクテロイデーテス門というのが瘦せ型です。

バランス調整菌

そして、バランス調整菌(善玉菌)の割合です。

unlog05

フィーカリ菌が一番多く、続いて乳酸菌、ビフィズス菌という結果。

エクオール産生菌もありました。これは以前調べたから知ってたけどね。

フィーカリ菌というのは、腸の炎症を抑え、腸内環境を整える働きがある菌です。

 

そして一番気になる痩せ菌ですが・・・・、

 

いませんでした!( ;∀;) 0.000%でした(涙)

 

この痩せ菌とは、ミヌタ菌という菌です。

このミヌタ菌が腸内に存在する人のBMIは低いのだそうです。

ミヌタ菌がいなかったのが、一番ショックかも。

 

バランスかく乱菌

最後はバランスかく乱菌です。

unlog06

なんと、バランスかく乱菌(悪玉菌)はひとつもいないという結果に!!

今回の検査結果でこれが一番うれしいです!

というか、他の項目が残念すぎた・・・orz

 

 

腸内フローラ検査「痩せ菌チェック」を受けてみて

自分では、まあまあいい腸内環境なんじゃない?と思っていたのですが、その思いは完全に覆されました。

 

が、しかし!

腸内フローラは食生活で改善できる!はずです!

 

今までも割と食生活には気を遣っていましたが、これからもっと見直そうと思えるいいきっかけになりました。

 

しばらくしたら、また腸内フローラの検査を受けてみたいと思っています(^^)