ニンジンジリンゴジュースを作った時にでる、ニンジンの搾りかすを使ったレシピです。

今日はごぼうとにんじんの豆乳ポタージュ☆

乳製品を使わなくても、すっごくコクととろみのあるポタージュになります(^^)

味噌と豆乳で、大豆イソフラボン摂取!

ごぼうとにんじんの豆乳ポタージュ

材料(3~4人分)

  • ごぼう・・・1本くらい
  • にんじんの搾りかすキューブ・・・3~4個(お好みで)
  • たまねぎ・・・1/2個分くらい
  • コンソメキューブ・・・1個
  • 豆乳・・・2~300ccくらい
  • 味噌・・・小さじ1くらい(合わせ味噌か白みそがおすすめ)

※にんじんの搾りかすキューブとは、ジュースを作った際にでた搾りかすを製氷皿で凍らせたものです。

 

作り方

1.材料を切ります

potage1

ごぼうとたまねぎは薄切りにします。

後でミキサーにかけるので、切り方は基本的にどんなんでも大丈夫でっす☆

たまねぎはスライスしてから30分くらい放置すると、血液サラサラ成分がアップします!

2.野菜を炒める

potage2

お鍋に油を熱し(オリーブオイルがおすすめです)、まず玉ねぎを炒めます。

しんなりしたら、ごぼうを投入してさらに2分くらい炒めます。

3.煮込む

potage3

水を3~400ccくらい入れて、にんじんの搾りかすキューブとコンソメキューブを入れて、ごぼうが柔らかくなるまで5~6分煮込みます。

4.つぶす

potage4

煮込んだ野菜を、ミキサーやフードプロセッサーなどでピューレ状にします。

わたしはバーミックスを使うので、めちゃ簡単です(^^)

ピューレ状にしたものを、さらに中火にかけて5~6分煮ます。

5.豆乳を投入

potage5

煮込んである程度水分が蒸発してとろみがついてきたところで、豆乳を投入します。

豆乳を入れてからあまりぐつぐつ煮込みすぎると、分離した感じになってしまうので、豆乳を入れるのは仕上げの段階にするのがおススメです♪

最後に、味噌(豆乳でのばすと混ざりやすい)と、塩コショウで味を調えます。

6.できあがり

potage6

仕上げに、オリーブオイルをひとまわし。小口ねぎなんぞを散らすといい感じになります♪