ワイン酵母仕込みの日本酒ARROZ(アロス)が女子会におすすめすぎる

アロス

 

ワイン酵母で仕込んだ日本酒ARROZ(アロス)。そのフルーティーな味わいにびっくり

 

私は日本酒が大好きで、ほぼ毎週飲んでいるのですが、最近とても気になっているジャンルがあります。

それは、「ワイン酵母で仕込んだ日本酒」。

その字の通り、ワインに使用する酵母を使って仕込まれた日本酒です。

 

今回、そのワイン酵母で仕込んだ、すごく美味しい純米酒を見つけました♪

その名も「ARROZ(アロス)」。

 

ARROZ(アロス)とは、スペイン語でお米のことなんだそうです。

力士というお酒を造っている、釜屋さんという埼玉にある酒蔵さんのお酒です。

 

日本酒というと、まだまだ古臭いイメージを持っている若い女性も多いと思うのですが、そんな人にこそぜひ飲んで欲しい!

日本酒のイメージが根底からくつがえされるといってもいいくらい、いい意味で衝撃的な、ワインのような味わいが特徴の純米酒です。

 

アルコール度は12度と、日本酒としてはやや低め。

日本酒度が-20~-25とあるので、甘いお酒なんだろうなと予想できます。

酒米は国産米としか表記がありませんが、調べたらどうやら美山錦みたいです。

 

 

白い磁器のおちょこに注ぐと、うっすら黄味がかった色をしています。

鼻を近づけると、なんともフルーティーな甘酸っぱい香りが鼻腔に広がります(*‘ω‘ *)ああぁぁアロマだ・・・

 

口に含むと、最初はしっかりとしたお米の旨味が感じられます。

しかし!!

舌全体に広がると、甘さと酸味すべてが感じられ、かつそれぞれが邪魔しあっていない、とてもバランスの良い味わい。

これは美味いわ・・・・。

たぶん四合瓶くらい一人で余裕で全部飲めるくらいウマイ♪

 

大吟醸酒で、よく「これなら日本酒苦手な女性でも飲める」みたいな表現されるお酒があったりしますが、

ARROZ(アロス)はその表現がぴったりだと本当に思います。

ブラインドテイスティングで出したら、ワインだと思う人が多いでしょうね(^^;)

 

ホームパーティの持ちより酒におすすめのARROZ(アロス)

 

先日、自宅で女子ばかりのホームパーティ、ようするに女子会wをしたのですが、その際にARROZ(アロス)を友人たちと一緒にいただきました。

 

 

ワインのような甘さと酸味のバランスの良い日本酒なので、女性にウケがいいだろうなと予想はしていたのです。

そしたら案の定、全員が口をそろえて、

「めっちゃ美味しい・・・!!!!」

って言ってました(*‘ω‘ *)

 

ラベルもワインのようなデザインで、洋食が多くなりがちなホームパーティの料理ともビジュアル的にもとても良く合います。

ワイングラスで飲むと、ARROZ(アロス)のフルーティーな香りが楽しめますのでおすすめですよ(*‘ω‘ *)

 

 

今回はトマトとぶどうのハニーマリネや、カルパッチョとの相性が抜群でした。

少し酸味のあるものと合わせると、すごく味が引き立ちます。

 

 

カルパッチョにはカツオを使いました。

エビやイカを使ったシーフードマリネなんかにもきっとよく合いそうな気がします。

 

 

お取り寄せしたときに同梱されていたチラシ。

釜屋さん、発泡酒も造っていらっしゃるんですね♪

次回はこの「発泡純米酒ゆきあわ」も注文してみよう(*^-^*)

 

ARROZ(アロス)の詳細をみる



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る